サブスクサービス

[ 対象:シルバー会員以上 ]

[ 対象:ゴールド会員]

臨床では多種多様な姿勢と動作を見ることになる。症例によってそれぞれの特徴は多岐に渡るため、 アプローチに繋げる為の有意義な分析評価は難しいイメージがある。そこで今回、関西医療大学大学院の鈴木俊明先生をお呼びして、臨床に活かす姿勢・動作分析のコツを実技講演して頂いた。特定の姿勢・動作の特徴から、一流の治療家がどのように推論し、アプローチをするのかを一連の流れで見ることができるため、多くのヒントを得ることができる。

ログインフォーム

ゴールド会員としてログインすると視聴コンテンツがページ下部に表示されます。

10月のUGOITAゴールドセレクト

【公開期間:2023年10月1日〜11月30日】

【実技映像】
アプローチに繋げる効果的な姿勢・動作分析

実況中継で終わらない実践的な分析フローを学ぶ

【TOPIX(一部)】

  • 立位・座位からの分析
  • 大殿筋に対する治療手技
  • 歩行からの分析
  • 広背筋に対する治療手技

鈴木 俊明

関西医療大学大学院 研究科長 教授/理学療法士

[主な書籍]
  • 「体幹と骨盤の評価と運動療法」運動と医学の出版社2018.
  • 「体幹と骨盤の評価と運動療法 改訂版」運動と医学の出版社2021.
  • 「脳卒中運動学」運動と医学の出版社2021. など著者多数

【公開期間:2023年10月1日〜11月30日】

※視聴期間になると下記に動画が表示されます。

現在開催中の鈴木俊明先生のセミナー・イベント

その他のゴールドセレクト

【古泉貴章先生】顎関節の理学療法(2024年6月公開)

[顎関節と運動器症状の関係を探る]
  • 顎関節とは?
  • 顎関節と他部位との関係
  • 顎関節とは?
  • 顎関節の評価(他部位との鑑別評価)
  • 顎関節の治療について
  • 顎関節の評価(問診、計測、圧痛、鑑別評価)
  • 顎関節からの身体の変化(頸部可動域、股関節可動性、片立位など)


※視聴期限:2024.7.30まで

【宮田徹先生】膝伸展制限を脛骨神経から紐解く(2024年5月公開)

[脛骨神経がカギ!膝伸展制限の持続的効果を追求]
  • 膝伸展制限と脛骨神経との関係
  • 膝伸展制限の評価と治療
  • HHD
  • 腓腹筋と脛骨神経の関係とモビライゼーション
  • 脛骨神経の伸張操作
  • 脛骨神経のスライダーテクニック
  • 膝の関節運動に基づいた可動域訓練


※視聴期限:2024.6.30まで
© UGOITA ALL RIGHTS RESERVED.produced by 運動と医学の出版社

ログイン

旧サービスから引き続きご利用の方は パスワードの再設定(リセット)が必要です

@ugoitalab.com からのメール受信設定をご確認ください

メールが届きにくいケースが増えております

ログイン画面へ